クレジットカードとは

クレジット= 信用という意味。
私たち買い物客は、信用というカード1枚で、便利に買物できる事になります。

家計簿をつけている人は、レシート代金を家計簿に記帳せずとも、
クレジットカード明細一覧表が自動で作成されますので、手間を省けますよ。

現金よりもクレジットカード決済にする理由は、いくつもあり、
私自身も多くのメリットを実感しています。
4wp用バーミヤン
3wp用バーミヤン
1wpセブンカードプラスの作成方法

 現金払いとクレジットカード決済の違い

現金払い:その場で現金でお会計。
クレジットカード決済:後日、商品サービス代金を通帳引き落とし。

<お客がもらえるもの、現金払いの場合>

レシート、お店のポイント

<お客がもらえるもの、クレジットカード決済の場合>

レシート、お店のポイント、クレジットカードポイント

クレジットカードポイントをもらえるのが最大の特徴です。

・クレジットカードポイントで様々な景品にも交換できるのですが、
 何と言ってもマイル(航空会社のポイント)に交換できるのが良いです。

・光熱費や税金などもクレジットカードで払えて、
 クレジットカードポイントも貯められます。

 クレジットカード決済の様々な利点

お客の利点

:手持ちの現金なしで買い物できる。
:銀行ATMから現金引き出さなくて良い。
:休日夜間のATM手数料を気にしない。
:光熱費や税金など公共料金もクレジットカードで払える。
:現金だと盗難にあった場合確実に戻る補償はないが、
 クレジットカードには各種補償が付帯しているカードがほとんど。
:月々の利用明細一覧表をweb上で管理・印刷できる。

お客はクレジットカード会社に後日、商品サービス代金を通帳引き落としという形で支払う。
お店の利点

:売上の機会を逃さない。
:取り扱う現金が減るので、お釣り間違いが減る。
:売上伝票処理が減り、レジ内に現金がないので盗難リスクが減る。

お店はクレジットカード会社から商品サービス代金を受け取る。
クレジットカード会社の利点

:クレジットカード会社は手数料を引いてお店に商品サービス代を支払います。

クレジットカード会社が、お客とお店の現金を立て替えているから、
カード1枚で便利に買い物できるんですね。

 初めてクレジットカードを作成する際の注意点

暗証番号を決める必要がありますが、生年月日や連番など他人が類推しにくい番号を設定する事です。
クレジットカードが手元に届くと裏面に自筆サインする箇所があります。
自署が無いクレジットカードは紛失・盗難時の不正利用リスクが高まるだけでなく、
補償が受けられない場合があります。
海外旅行時の紛失なども考慮して、ローマ字よりも日本語でのサインが無難ですよ。

コメントは締め切りました